なぜ長期目標にはKPIが必要なのか

Lookatプロジェクトメンバーの瀬川 明彦(せがわ あきひこ)です。

私が師と仰ぐピーター・ドラッカーは「企業にせよ、チームにせよ、シンプルで明快なミッション(使命)を必要とする。ミッションがビジョン(ありたい姿)をもたらす。ビジョンがなければ事業とはなりえない。人の群れがあるだけである。」
といいます。
そして、ビジョンを実現していくためには長期目標が必要であり、達成までの途中経過をモニタリングする必要があります。目標を達成するために実施すべきことがうまくいっているのか、このまま続けて目標が達成できるのかを判断する必要があります。そのために、進捗を分析・管理するためのより具体的なKPIを設定し、明確に状況を把握できるようにしておくことが大切です。SDGsも2030年に向けた長期目標なので同じことが言えるのではないでしょうか。

KPIそのものの説明や設定方法についてはコラム「KPIを設定する前に知っておくべきこと」で詳しく説明をしていますので是非ご覧ください。

KPIに必要な要素

例えば、あなたが、あるサービスを販売している営業職だとします。この場合のKPI設定について考えてみたいと思います。
このサービスの特性として一度利用すれば継続利用率が高いことがあげられます。そして売上目標は前年より30%増の1億円、販売促進費用は前年並みで価格変更はしない方針です。さて、あなたは売上目標を達成できるでしょうか?

2022.02.04のコラム「KPIを設定する前に知っておくべきこと」では、KPIは目標を達成するために鍵となる業務プロセスの実行はなにかを決め、業務プロセスの実行状況の指標を可視化することですと書きました。
では今回のケースにおいて、もう少し具体的に進めていきたいと思います。
(1)売上目標を達成するための、業務プロセスをモデル化してみましょう。
 売上=「獲得リード数」×「購入率」×「平均単価」であらわすことができます。
(2)鍵となる業務プロセスはなんでしょうか?
 新たな費用発生は認められず価格変更はしない方針より「購入率」を上げる業務にフォーカスします。
(3)「購入率」を上げるために何をすべきでしょうか?
 このサービスの特性は一度利用すれば継続利用率が高いことに注目し、リスティング広告を「無料トライアル」に誘導する内容に変更してみました。
このケースでは「購入率」を上げる業務プロセスの実行状況の指標が「無料トライアル数」となります。そして可視化するため「無料トライアル数」を具体的な値にしてKPIとします。

このように、KPIには3つの要素が必要となります。
・目標に紐づいていること
・鍵となる業務に影響すること
・測定と実行が可能なこと
そして重要なことは、実施担当者がコントロールできる指標であることです。

「SDG Compass」で推奨されているKPI

「SDG Compass SDGsの企業行動指針 -SDGsを企業はどう活用するか- 」のステップ3 「目標設定する 目標範囲を設定し、KPI(主要業績評価指標)を選択する」では、以下の通り記載されています。

目標の範囲や期限を明確に規定することなく「カーボンニュートラル」を達成するという大きな目標など、それ自身では進捗状況を計測できない大枠の目標や曖昧な目標を設定しているところもある。その場合、その一つ一つが具体的かつ計測可能で期限を区切ったターゲットの基盤となる KPIをいくつか選択することを推奨したい。
SDGsの企業行動指針 -SDGsを企業はどう活用するか-(https://sdgcompass.org/wp-content/uploads/2016/04/SDG_Compass_Japanese.pdf

このようにSDGsに関してもKPIの設定について記載されています。
具体的かつ計測可能で期限を区切ったターゲットの基盤をなるKPIを設定してください。
ではSDGsのKPIはどのように設定すればよいのでしょうか。

SDGsとKPIの関係

SDGsは「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会というビジョンを実現するために、17の長期ゴール(意欲目標)が設定されています。その長期ゴールの達成に向けて169のターゲット(行動目標)があります。
そして、行動の進捗管理ができるよう232のインディケーター(達成度を測るための数値指標)が選択できるようになっています。
この232のグローバルインディケーター(達成度を測るための数値指標)はあまり知られていないと思いますので、具体的にはこちらを参照ください。

外務省ホームページ:SDGグローバル指標(SDG Indicators)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/statistics/index.html
Excelでのダウンロードも可能です。

こちらを参考にすれば、貴社のSDGsのKPI(主要業績評価指標)も設定しやすくなるのではないでしょうか。

おわりに

目標達成に向けた途中経過をモニタリングするためにKPI(主要業績評価指標)は必要です。そして目標を達成するために本当に実施すべき内容がKPIに落とし込まれていることが重要だということがお分かりいただけたかと思います。

その他のSDGs・ESGに関するコラムはこちらから!

SDGsの数値を分かりやすく見える化

もしその管理ツールが必要でしたら、ぜひ無料で使えるSDGsのKPI設定・進捗管理ツールであるLookat.ソーシャルメーターを参照してみてください。

コラム一覧に戻る

みんなで、
よりよい未来を目指すために。

「SDGsを推進したい」「サービスを知りたい」「無料で試したい」
お気軽にお問い合わせください。