• HOME
  • 3分でわかるSDGs

3分でわかるSDGs

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、「Sustainable Development Goals」の略称のことで、日本語では「持続可能な開発目標」という意味になります。
2016年から2030年の15年間で達成すべき「世界共通の目標」として、2015年9月に国連で開催された持続可能な開発サミットで採択されました。

地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」世界を実現するために達成すべき17のゴールとその下に属する169のターゲット(ゴールを達成するためのより詳細な目標)から構成されており、具体的にどのような課題に取り組み、解決する必要があるのかが明記されています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

  • SDGsは、従来の開発目標のように政府やNGOのみを主体に達成を目指しているのではありません。
    目標達成のために、民間企業による積極的な取り組みが求められており、国連もSDGsそのものが、企業の参加を前提としていることを明言しています。
    民間企業がイノベーションによる新たな技術や仕組みをもってしてSDGsに貢献することが国際的に期待されています。

    また、SDGsに取り組むことは企業にとっても大きなメリットを生みます。
    社会課題に取り組む企業として、企業価値の向上が期待できますし、未解決の社会課題が新たな事業機会になることもあります。
    事業活動の中にSDGsの考え方を取り込むことで、ビジネスモデルの持続的な成長を見込むことができます。

    企業にとってSDGsに取り組むことは今後、より多くのステークホルダーからの評価を得ると共に、
    将来的なリスクを軽減し、企業価値を増大させることにもつながるといえるでしょう。

  • 企業がSDGsに取り組み始める際にサステナビリティ方針を考えるが重要になってきます。
    サステナビリティ方針とは持続可能な社会を目指す企業として、どのような分野にどのようにして貢献していくのかを決める行動指針です。
    サステナビリティ方針は企業方針や行動指針といった企業が本来持つ理念から導き出されるものです。
    まずは改めて自社の強みや弱み、ビジネスモデルや、バリュー
    チェーンといった企業全体を見直し、事業の細部に落とし込んでいくことから始めてはいかがでしょうか。

SDGsに取り組む際のよくある課題

SDGsに取り組みたいが
何から始めればよいか
わからない

社内に専門的な知識を
持っている人がいない

自社の
SDGsへの取り組みの
認知度を上げたい

SDGs関連商材を
効果的にアピールしたい

Lookat.ソーシャルメーターで
課題を解決
自社のSDGsへの取り組みの
認知度を上げたい
SDGsに取り組みたいが何から始めればよいかわからない
SDGsのゴール設定をサポート!
さらにLookat.ソーシャルメーターなら画面の入力項目に沿ってゴールや値を入力するだけで設定したSDGsゴールの達成までの進捗の管理ができます。
社内に専門的な知識を
持っている人がいない
社内に専門的な知識を持っている人がいない
Lookat.ソーシャルメーターなら活動の見える化により企業のSDGsへの取り組みの内容が分かりやすくグラフで表示できます。
組織ポータル等に掲載し、組織メンバーにSDGsの取り組みや進捗を共有することで組織内のSDGsへの取り組みを社員に分かりやすく伝えることができます。
Lookat.パートナーズで
課題を解決
自社のSDGsへの取り組みの
認知度を上げたい
すでにSDGsに取り組んでいるのであれば、その取り組みを積極的に社外にアピールすべきです。
Lookat.パートナーズなら、Lookat.ソーシャルメーター内やLookatメディアサイトへの製品・サービス紹介や、取り組みの掲載が可能です。
SDGs関連商材を
効果的にアピールしたい
Lookat.パートナーズなら、自社製品・サービスがが貢献できるSDGsの目標に関心のあるユーザーを選別して効果的にリーチすることができます。

みんなで、
よりよい未来を目指すために。

「SDGsを推進したい」「サービスを知りたい」「無料で試したい」
お気軽にお問い合わせください。